幼児期からの矯正治療
幼児期からの矯正治療
幼児期からの予防矯正治療

うちの子は乳歯なのに歯並びが悪い。
乳歯に隙間がないので、永久歯がちゃんと生えるか不安。
下の前歯が永久歯に生え変わったけど、曲がって生えてきている。
と思ったことはありませんか?

乳歯の歯並び

乳歯の時は発育空隙(ハツイククウゲキ)といって、写真のように前歯の部分に隙間が開いているのが普通です。このくらいの隙間があれば、これから前歯が生え変わった時に、永久歯の前歯が自然にきれいに並びます。




しかし現代の食生活の変化や遺伝的な傾向から、乳歯列期でも隙間(発育空隙)が全くなかったり、乳歯の歯並びの悪い子供たちが増えてきています。 乳歯の歯並びが悪いと、必ずといっていいほど永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。





そこで当院では、永久歯の歯並びが悪くなってから矯正治療をするのではなく、乳歯の段階から顎の大きさを広げて永久歯が生えるスペースをあらかじめ作っておく方法をお勧めしています。
顎の大きさを広げるには、取り外しのできる床装置を使います。

(4歳の女の子の例)

「歯並びが悪くなったので矯正しようか?」と思う方がほとんどではないでしょうか? 当院で行っている方法は、永久歯の歯並びを悪くしないようにする予防矯正です。

乳歯の段階から顎の大きさを拡げて、永久歯の生えてくるスペースを確保することで、歯並びが悪くなるリスク(危険性)を下げることができます。
歯は本来まっすぐに生えたいのですが、スペースがないために曲がって生えてくるしかないのです。そこで歯が生えてくる前にあらかじめ隙間を作っておけば、歯は自然にまっすぐに生えてくるのです。これが一番歯のあと戻りが少ない方法です。

「こんな小さい時から始めて大丈夫かしら?」
「ちゃんと使ってくれるかしら? ちょっとかわいそうかも・・・。」
と思っているお母さん!
お子さんはすぐ装置に慣れてしまいますし、けっこう面白がって楽しんで使ってくれます。心配することはありません。ご安心ください!

当院では、型どりができるお子さんであれば、3歳の後半から矯正治療が可能です。4歳・5歳から始めている子供たちもたくさんいます。もし乳歯の歯並びで気になることがあれば、いつでもご相談ください。

幼児矯正に関するご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

※写真は保護者の同意を得て掲載しています。
※当サイト内の写真の転載はいかなる場合も禁止とさせていただいております。

幼児矯正(幼児期から始める予防矯正)

反対咬合(ムーシールド)

矯正治療の症例

費用

検査・診断

一般 診査・診断料(書類作成費含む) 20,000円 

子供の矯正治療

Ⅰ期治療 乳歯からの治療・混合歯列期の治療
基本施術料 装置の種類・数に関係なし 250,000円 
調整・経過観察料   3,000円 
Ⅱ期治療
基本施術料   300,000円 
調整・経過観察料   5,000円 
上下リテーナー料   40,000円 

※料金は全て税別となります。

※永久歯が生えそろってからのⅡ期治療でマルチブラケット装着が必要になることがありますが、
(別途料金がかかります)幼児期から矯正を始めることによって、マルチブラケットを装着せずに終わる可能性が高くなります。
※兄弟家族割引制度を設けました。

割引制度

●兄弟家族割引
 2人目 10%(基本施術料から割引)
 3人目 20%(基本施術料から割引)
※調整料の割引はありません。

※マウスピース矯正は、「ASOアライナー」のページをご覧ください。




ACCESS -ご案内-
診療案内
09:00~13:00 -
13:00~14:30 - - - -
14:30~19:00 - - -
※月・火・木はお昼休み時間帯も診療
※託児&キッズルーム完備・保育士常駐
※金曜日:お昼休み13:00~14:30
※休診日:日・祝祭日 ※ご予約・受付:月・火・木・金 17:30まで
※ご予約・受付:水・土 12:00まで

医療法人社団 真誠会どう歯科クリニック
札幌市北区百合が原9丁目1-1
Content

HOME

PAGE TOP